過去の入出金明細が取り込まれない

入出金明細の取り込み処理は正常に終わったのに、あるはずの過去の明細が取り込まれない場合があります。
原因はいくつか考えられますので、以下についてご確認ください。

  1. 銀行等のオンライン口座の明細取得可能期間を過ぎてしまった。
  2. オンライン口座の申し込み以前の明細だった。

 

1.銀行等のオンライン口座の明細取得可能期間を過ぎてしまった。

ほとんどの銀行等のオンライン口座では、前月の1日以降、もしくは直近3ヶ月の入出金明細のみ取得可能となっています。明細取得可能期間は、銀行やクレジットカード、電子マネーの種類によってまちまちです。
つまり、この明細取得可能期間より以前の入出金明細は、タブレット会計で自動取得できないことになります。

申し訳ございませんが、自動取得ができなかった入出金明細については、仕訳入力時に手入力していただくようお願い致します。

このようなことにならないよう、できるだけ頻繁に、可能であれば毎日、入出金明細の取り込み処理を行うようにしてください。
なおタブレット会計で自動取得が正常に行われた入出金明細については、過去のデータが消えることはありません。入出金明細の取り込み処理さえ実行していただければ、仕訳入力は時間のある時にゆっくり行っていただいてかまいません。

 

2.オンライン口座の申し込み以前の明細だった。

例えば、ゆうちょ銀行では、ゆうちょダイレクトのお申込み日(登録完了後に郵送されるインターネット利用者カードの台紙の日付)より前の取引は、原則ご覧になれないという規定があります。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/direct/pc/guide/dr_pc_gd_meisai.html

このように、オンライン口座の申し込み以前の入出金明細の自動取得は、できない場合があるとお考えください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
ご意見・ご要望がございましたら リクエストを送信 してください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。